project

 

 

Ground Channel



"Ground Channel" is the participatory installation. This is a project to listening to the ground sounds through headphones in real time.
This project started from "Code Color Museum Project". "Code Color Museum Project" was planned by Harutaka Matsumoto. (He is an artist / a director.) He built a structure in a place. It is the key that opens as an art space the place. Then he appointed the owner of the place as a curator / museum director. This is a project to do art activities based on the aesthetics of the man.
I was given the home garden in this project. Various plants had been planted in there. In the process of conducting the survey, I found the article of Journal. It was written “Plants are taking communicate with each other emits sound from roots.” Based on the concept "listening to the voice of plants", by the "action" and "sound", I tried to direct the consciousness to the presence of others.
Audience seemed very interested in the ground sounds. I noticed the action that people listen to the voice of plants is the action that plants listen to sounds of our life. The sound through the filter of soil have a sound different from the usual. Audience had a strong awareness of our place by the difference
By this experience, I am thinking about enforcing this project in a different location I'd like to a deep consideration and verification by the basis of the reaction of people. (Desember 2012)

 

「Ground Channel」は、地面に集音装置を埋めヘッドフォンを介しリアルタイムで周囲の音を聞く参加型のインスタレーション作品です。本作品のきっかけとなったコードカラー美術館プロジェクトとは、美術家の松本春崇氏が企画したもので、ある家に、その家を芸術空間として開く鍵となる色を塗った擬似建築物を作り設置し、家人を美術館館長や学芸員とし、その家庭の美学に基づいた美術館活動を行なうプロジェクトです。
 このプロジェクトで与えられた場は、色とりどりの植物が植えられている一般家庭の庭でした。リサーチを重ねる中で「植物が根っこから音を発し互いにコミュニケーションをとっている。」という学会誌の記事を目にした私は、会場内の植物との関わりから「地中の声を聞く」というコンセプトで「音と行為」によって、鑑賞者に他者の存在に意識を向けさせる試みを行いました。普段耳にすることのない土の中の音に、参加された方々は大変興味をもった様子でした。また実施する中で、植物の声を聞く行為が、実は植物が聞いているであろう人びとの生活の音を聞く行為であることに気づきました。土というフィルターを介し聞く日常の音は、通常とは異なる音程、伝わり方をし、その差異がより人びとに自らが置かれている場を強く意識させました。
 この経験から、今後場所を変え、様々な場で本作品プロジェクトを実施し、人びとの反応をもとにより深い考察、検証を重ねていく予定です。(2012年12月)